NPOのクレジットカード寄付
決済フォーム
の導入ならSyncable

初期・月額無料、決済手数料2.95%〜のみで、
継続寄付・年会費、支援者管理にも対応した
クレジット
カード寄付決済システムを手軽に導入

Syncableのクレジットカード寄付決済フォームが
多くの団体に選ばれる理由

  • 圧倒的な導入のしやすさ

    • 初期・月額無料で導入リスクゼロ
    • 決済手数料2.95%〜と安価
    • 難しいシステムの理解が不要
    • 任意団体や一般社団法人も利用可
  • 寄付者に配慮された使いやすさ

    • 初期・スマホ対応で操作しやすいフォームデザイン
    • 寄付者は決済時にサービス登録不要
    • Amazon Pay対応で移動中でも簡単に寄付
    • セキュリティも国際統一基準
  • 基本機能も、カスタマイズ性も

    • 毎月の継続寄付にも対応
    • 年会費(賛助会員や正会員等)の設定
    • フォームに表示する選択金額の変更
    • 寄付頻度・金額毎のリンクを生成
  • 支援者管理で寄付者とのつながりも

    • 寄付者情報の閲覧・ダウンロード
    • 継続寄付者や年会費会員だけでの絞り込み
    • 寄付者への自動転送メール設定
    • P2Pキャンペーン作成者の情報閲覧

こんな団体様におすすめです

  • 本格的なファンドレイジングの予定はないが、寄付フォームを持っておきたい

  • 任意団体や法人設立したばかりで、他社の審査に通らない

  • 今利用している寄付フォームに不満がある

    ※ 月額コストや決済手数料が高い、スマートフォン対応していないなど

  • Amazon Payでの寄付決済に対応することで、CVRを高めたい

  • もっと手軽に寄付のキャンペーンページを立ち上げたい

  • バースデードネーションなど、これまでにないファンドレイジングの方法を試したい

他にもこんなことができます

  • マンスリーサポーターの獲得支援で事業を加速できる!

    数十人〜100人規模のマンスリーサポーターを短期間で募るためのSyncableの新サービスです(2019年内スタートに限り無料です。)

  • バースデードネーションでもっと気軽な寄付を実現できる!

    スタッフや支援者が誕生日プレゼントの代わりに寄付を募る話題のPeer to Peerファンドレイジングがわずか3ステップで行えます。

その他のファンドレイジング
機能

  • 団体広報ページの作成

    団体のビジョンや事業内容を紹介にご利用いただけます。

  • 寄付キャンペーンの作成

    目標金額を決めて期間限定の寄付キャンペーン(寄付型クラウドファンディング)のページを作成することができます。

  • ポートフォリオ寄付

    複数団体をまとめたポートフォリオ経由での寄付が入ってきます。

  • ブランド品買取寄付

    ブランディアとSyncableとの提携サービス「Brand Pledge」で、不要なモノの買取寄付を受付できます。

ご利用開始までの流れ

最短わずか2日で寄付の受付を開始できます。

  • 団体登録

    簡単な質問に回答するだけで、たったの3分で登録が完了します。

  • 活動概要の入力

    活動概要を入力することで団体の理解が深まり、寄付や支援に繋がります。

  • 簡易審査

    寄付機能を利用するためには簡単な審査が必要です。審査は最短2営業日で完了します。

  • 寄付受付スタート

    Syncableのサイト上に団体ページが公開され、寄付の受付が可能となります。

ご利用料金※1

初期・月額無料で、わずかな決済手数料のみからサービスをご利用いただけます。

  • 寄付決済手数料※2

    クレジットカード

    2.95%
    VISA/Master対応

    Amazon Pay

    5%
    税控除対象の団体限定
  • キャンペーン利用時
    サービス手数料
    ※3

    6%
    バースデードネーションなど

※1 価格は全て税抜き表記となります。※2 例えば、寄付フォームのみのご利用で、クレジットカードを通じて決済された場合、決済額に対する2.95%が手 数料となります(サービス利用料は無料)。※3 バースデードネーションなどのキャンペーン機能のご利用で、Amazon Payを通じて決済された場合、決済額 に対する5%の手数料に加えて別途6%のサービス利用料が発生します。

※1 価格は全て税抜き表記となります。※2 例えば、寄付フォームのみのご利用で、クレジットカードを通じて決済された場合、決済額に対する2.95%が手 数料となります(サービス利用料は無料)。※3 バースデードネーションなどのキャンペーン機能のご利用で、Amazon Payを通じて決済された場合、決済額 に対する5%の手数料に加えて別途6%のサービス利用料が発生します。

よくある質問

  • Q1.Syncableに登録できる団体の法人格に制限はありますか

    公益活動を行う以下の団体/法人格でSyncableをご利用いただけます。
    任意団体/NPO法人/特例認定NPO法人/認定NPO法人/一般社団法人(非営利徹底型)/一般財団法人(非営利徹底型)/公益社団法人/公益財団法人/社会福祉法人/独立行政法人/地方独立行政法人/医療法人/社会医療法人/国立研究開発法人/学校法人/自治体

  • Q2.Syncableにはどのような団体が登録していますか

    法人格を持たない任意団体から設立して間もない法人や事業歴の長い法人まで、大小問わず様々な団体様にご利用いただいています。どのようなステージの団体様にも合ったファンドレイジング方法が揃っているのもSyncableの一つの大きな特徴です。

  • Q3.サービス登録前に事前相談をすることはできますか

    よくある質問のページに様々な回答を掲載していますのでまずはこちらからご確認ください。追加で質問や相談がある場合はメールにて受付しておりますので、こちらよりお問い合わせください。

  • Q4.寄付金の入金のタイミングについて教えてください

    寄付金は月末締めの翌月27日前後でのご入金となります。尚、入金に際しては事前に団体管理画面より振込申請を行っていただく必要があります。

  • Q5.決済に利用できる用途について教えてください

    物販やイベント参加費等の事業用決済にはご利用いただけず、対価性のない寄付、または賛助会員や正会員(対価性の有無は問わない)等の年会費を受け付けるための決済にご利用いただけます。

  • Q6.簡易審査とはどのようなことを行いますか

    団体の代表者様の情報(氏名や住所、電話番号等)をいただき、クレジットカード会社で反社チェックを行わせていただきます。任意団体、一般法人については別途定款等の団体の活動内容のわかる資料をご提出いただき、公益/非営利での活動を行っているかを弊社で確認させていただきます。

  • Q7.団体管理画面のデモはありますか

    デモは用意しておりませんが、3分で完了する団体登録を行うと団体管理画面へアクセスできるようになりますので、まずは団体登録を行ってください。 ※ 団体登録を行っただけでSyncable上に団体ページが公開されたり、何かしらの費用が発生することはありません。

  • Q8.海外からの寄付は受け付けられますか

    海外のクレジットカードでも寄付の受付ができます。また、寄付フォームは英語対応もしておりますので、海外からの寄付受付を目的としてSyncableをご活用いただくこともできます。

  • Q9.クレジットカード情報の管理方法やセキュリティについて教えてください

    クレジットカード情報は弊社で保存・管理は行っておらず、決済代行会社(Omise Japan株式会社)にてPCI-DSSと呼ばれる国際ペイメントブランド5社が共同で策定したカード情報セキュリティの国際統一基準に準拠して、暗号化した情報で管理していますのでご安心ください。また、Syncableでは全てSSL通信で高度なセキュリティを確保しています。

  • Q10.Syncableでファンドレイジングの伴走支援は受け付けていますか

    Syncableではマンスリーサポーターを獲得するための伴走支援を行っております。具体的な内容はSyncableに公開いただいた後に、個別にご案内させていただきます。